横断幕の豆知識」カテゴリーアーカイブ

懸垂幕との違いは?知って得する横断幕の豆知識

イベントやスポーツの応援で大活躍する横断幕。

日ごろ目にする機会の多い横断幕ですが、隠された意味や魅力がたくさん詰まっています。

今回は横断幕の思わずなるほど!と言ってしまう豆知識や魅力をまとめてご紹介します。

【そもそも横断幕って何?】

横断幕は書いて字の如く『横長に文字の書かれた幕』のことです。

のぼり旗のようにポールに立てて設置するのではなく、壁に取りつけるのが基本です。

主に宣伝や応援、注意喚起といった用途に使用されることが多く、デザイン性にも富んでいるのが特徴。

そのことからスポーツ大会やバーゲンセールなどの告知にも広く使われています。

天候に左右されず使用可能なため、屋外・屋内問わず設置できるのも魅力です。

【懸垂幕との違いはどんなところ?】

懸垂幕は垂らして使用する幕、つまり縦型がメインとなります。

主に学校やデパートなどに使用され、大型のものも多いのが特徴。

横断幕と懸垂幕の違いは、縦か横か向きの違いだけで役割は同じです。

場所や宣伝内容によってどちらにするか使い分けをしましょう。

【横断幕の3つのメリット】

横断幕は目立つ・どこでも設置可能・安価の三拍子揃ったアピールツールです。

どこでもくくりつけるだけで簡単に設置できて、収納も畳めば場所をとりません。

看板は作成すると数万円ほどコストがかかってしまいますが、横断幕なら生地代だけで済むので千円単位から作成が可能です。

横断幕は見る人にインパクトを与える巨大広告として、有効活用しましょう。